2017
01/05

COMMENTS:
No Comments »

以外と楽しいスーパーのアルバイト

今や正社員にこだわらず、アルバイトやパートという働き方をしている人が増えてきました。
正社員に比べると必ずしも待遇はよくないかもしれませんが、その分出勤の自由度や責任といった面で気楽に働けるのかもしれません。
スーパーマーケットというのは、まさにそのような職場の一つといえるでしょう。
チェーン店が多く、ほとんどの作業はマニュアル化が進んでいます。
そのため、未経験者でも気楽にチャレンジできるので、学生や主婦など幅広い年齢層のスタッフが働いています。
また、一部の管理職を除き、ほとんどはアルバイトスタッフというのが一般的だといえます。
仕事の内容は多岐にわたり、レジ係りだけではありません。
店内で販売されている商品は、品出し担当者やレジ担当者など、全てのスタッフが総出で品出しを行っているのです。
それでも商品出しが間に合わない場合は、臨時スタッフを雇っている店舗もあります。
また、最近は店舗内の調理場で生鮮品や加工食品をさばいたり調理することが増えているため、キッチンスタッフも多く雇用されているようです。
買い物の際には気が付きませんが、どこの店舗にも事務所があり、そこでも事務スタッフが働いています。
このように、スーパーには多くの従業員がいて、その大半がアルバイトやパートスタッフだといえます。
毎日同じような仕事をしていると思われがちですが、小売店である以上、そこには必ずお客さんとの接点があります。
実は、これこそが最も重要な点だといえます。
ちょっとした気配りや笑顔、お客さんへの積極的な応対で毎日の仕事の充実度が大きく変わります。
どんな仕事にも進歩と進化の可能性があり、そこを見るか見ないかが人としての成長の分岐点になります。
その変化を実感するのはとても楽しく、面白く思えるはずです。
未経験者でもチャレンジできるので、ぜひ近所のスーパーの求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です